Linux版ジョブエージェントのインストール

ジョブサーバのインストール方法として、「ソースコード」と「RPM」からの二種類があります。
Job Arranger for Zabbixのソースコードまたは、RPMは、弊社ホームページからダウンロードしてください。

ソースコードからのインストール

1.ソースコードをダウンロードして任意のディレクトリに展開します。
2.コンパイルに必要なライブラリを以下のサイトよりダウンロードし、インストールしてください。
3.コンパイルの準備を行います。
Job Arranger for Zabbixを展開したディレクトリで、下記のコマンドを実行します。
  • ./configure --enable-agent --with-sqlite3=XXXX --with-json=XXXX
※「XXXX」にはライブラリがインストールされているディレクトリを指定します。
オプション名 説明
--enable-agent ジョブエージェントのソースコードをコンパイルします。
--with-sqlite3 ジョブエージェントのデータベースにSQLiteを指定します。
--with-json ジョブサーバでJSONを利用する場合に指定します。
--prefix=対象ディレクトリ 指定されたディレクトリにインストールをします。

4.コンパイルを実行して、インストールします。
  • make
  • make install
デフォルトでは、全てのファイルが/usr/local配下にインストールされます。変更したい場合は、configureのオプションで--prefixを使用し、任意の場所を指定して実行してください。

RPMからのインストール

1.RPMをダウンロードします。
2.コンパイルに必要なライブラリを以下のサイトよりダウンロードし、インストールしてください。
  • rpm -ivh jobarranger-agentd-*.*.*-*.<各OS名>.<アーキテクチャ>.rpm

Windows版ジョブエージェントのインストール

ソースコードからのインストール

1.ソースコードをダウンロードします。
2.Microsoft Visual Studioを使用してコンパイルします。

Installerからのインストール

Installerをダウンロードします。
  • Job Arranger Agent.msi
  • setup.exe
1.ダウンロードしたInstallerをダブルクリックし、起動します。
2.Job Arranger Agentdセットアップウィザードが起動されたら、「次へ」ボタンを押下します。
Job Arranger Agentdセットアップ画面

3.ジョブエージェントのインストールフォルダを指定し、「次へ」ボタンを押下します。
インストールフォルダの選択

4.「次へ」ボタンを押下すると、インストールが開始されます。
インストールの確認

5.インストールが完了しましたら、下記の画面が表示されますので、「閉じる」ボタンを押下します。
HOME
インストール後、サービスへジョブエージェントが自動登録されます。
また、スタートメニューにジョブエージェントの起動と停止ショートカットが作成されます。