jasender.shの設定

Job Arrangerでジョブの異常終了を検知した際や、Job Arranger内でエラーが発生した際に、ジョブサーバが「jasender.sh」を実行し、ZabbixのItemデータとして通知を行うことができます。
これにより、Zabbixのトリガ画面やイベント画面にJob Arrangerで発生したエラー内容を表示させたり、発生したエラーに応じて適切なアクションを設定することができます。
「jasender.sh」は初期インストール時に/usr/local/etc/jobarranger/alert/jasender.shに配置されます。
このシェルは内部で変数定義をしており、各環境に合わせて設定する必要があります。
設定対象となるパラメータは[jasender.sh 内部変数一覧]を参照下さい。
jasender.shは、内部でZabbixの機能の一部である「zabbix_sender」コマンドを呼び出しております。
そのため「zabbix_sender」コマンドを「jasender.sh」からアクセスできる場所に配置しておく必要があります。
また、Zabbixにてjasender通知用のItemsとTriggerを作成しておく必要があります。
※ZabbixのItems,Triggerの登録方法についてはZabbixのマニュアルを参照下さい。
  • Syntax : 実行コマンド(jasender.sh)
jasender.sh [ユーザID] [ジョブネットID] [現在時刻] [メッセージID] [重要度] [メッセージ本文]
※ジョブサーバから実行される際に、引数はジョブサーバが自動で設定します。
jasender.sh 引数一覧
引数名 説明
ユーザID エラーが発生したジョブネットの作成ユーザーIDを示します。
ジョブネットID エラーが発生したジョブネットIDを示します。
現在時刻 コマンド実行時の現在時刻(YYYY/MM/DD HH:MM:SS)を示します。
メッセージID メッセージIDを示します。
重要度 メッセージの重要度を示します。
0-INFO
1-CRIT
2-ERROR
3-WARN
メッセージ本文 メッセージIDに対応するメッセージ本文を示します。

jasender.sh内部変数一覧
jasender.sh内で、下記環境変数を設定する必要があります。
パラメータ 説明
ZABBIX_SERVER ZabbixサーバのIPアドレスを設定してください。
ZABBIX_PORT Zabbixサーバのポート番号を設定してください。
ZABBIX_SENDER zabbix_senderが格納されているパスを設定してください。
KEY Zabbix上で登録されているItemsで設定したkeyを設定してください。
HOST Zabbix上で登録されているエージェントのホスト名を設定してください。

Zabbix(エラー受信)側のItemパラメータ
エラーを受信するためには、Zabbix側でItemを設定する必要があります。
下記に沿って、Itemを設定してください。
パラメータ 設定内容
ホスト Zabbix上で登録されているエージェントのホスト名を設定してください。
タイプ 「Zabbixトラッパー」を設定してください。
キー 任意のキー名を設定してください。
データ型 「テキスト」を設定してください。
ヒストリ保存期間 任意の保存期間を設定してください。
ステータス 「有効」を設定してください。