Job Arranger Managerのインストール

ジョブマネージャには各オブジェクトの作成・実行等の管理を含む全機能を使用できる「Job Arranger Manager」と各オブジェクトやジョブ実行状況の参照のみできる「Job Arranger Manager View」という二つのパッケージが存在します。
事前に下記事項を、確認してください。
  • NTPによる時刻同期が設定されていること
    ジョブサーバとの時間が異なると、実行状態が正常に表示されません。
  • データベースにJob Arrangerテーブルが追加されていること
  • ODBC Driverがインストールされていること
    MySQL Connector/ODBC:http://dev.mysql.com/downloads/
    PostgreSQL ODBC Driver : http://www.postgresql.org/ftp/odbc/versions/msi/
  • 既に旧バージョンがインストールされている場合は、事前にアンインストールを行っていること
  • 「Job Arranger Manager」⇔「Job Arranger Manager View」の切り替えを行う際は、事前に既にインストールされているパッケージのアンインストールを行っていること
1. ダウンロードしたInstallerをダブルクリックし、起動します。
2. Job Arranger Managerセットアップウィザードが起動されたら、「次へ」ボタンを押下します。
HOME

3. インストールしたいパッケージを選択し、「次へ」ボタンを押下します。
HOME

4. ジョブマネージャのインストールフォルダを指定し、「次へ」ボタンを押下します。
HOME

5. 「次へ」ボタンを押下すると、インストールが開始されます。
HOME

6. インストールが完了しましたら、下記の画面が表示されますので、「閉じる」ボタンを押下します。
HOME