ジョブエージェント:インストール

コンパイル済みのRPMを使用する場合は、必要ありません。

ジョブエージェント:Linux/ソースコード

Job Arrangerのソースコードを下記のURLよりダウンロードして展開します。
https://ftf-support.fitechforce.com/

前提ソフトウェアのインストール

前提として、sqlite3、Json-C、とlibtarのインストールが完了していることとします。
以下のサイトよりダウンロードし、インストールしてください。

コンパイル

(1).コンパイルの準備を行います。
# ./configure --enable-agent --with-sqlite3=XXXX --with-json=XXXX
※「XXXX」にはライブラリがインストールされているディレクトリを指定します。

(2).コンパイルを実行して、インストールします。
# make
# make install
デフォルトでは、全てのファイルが/usr/local配下にインストールされます。
変更したい場合は、configureのオプションで--prefixを使用し、任意の場所を指定して実行してください。

※serverとagentを同時にコンパイルすることも可能です。以下の例では同時にコンパイルしています。
# ./configure --enable-server --with-mysql --enable-agent --with-sqlite3=XXXX --with-json=XXXX
# make
# make install

【 オプション一覧 】
オプション名 説明
--enable-agent ジョブサーバーのバイナリをコンパイルします。
--with-sqlite3 ジョブエージェントのデータベースにSQLiteを指定します。通常は省略可能です。
--with-json ジョブエージェントでJSONを利用する場合に指定します。通常は省略可能です。
--prefix=対象ディレクトリ 指定されたディレクトリにインストールします。
省略すると/usr/local配下にインストールします。