ジョブエージェント(Windows版):自動起動の設定

Firewallの設定

ジョブサーバと通信を行うために、Windowsファイアウォールの通信許可設定を行います。

(1).「スタート」→「コントロールパネル」→「Windowsファイアウォール」をクリックし、開きます。
Windowsファイアウォール設定画面

(2).[例外]タブをクリックし、プログラムおよびサービス一覧を表示させます。
登録前のプログラムおよびサービス一覧

(3).[プログラムの追加]ボタンを押下し、プログラムの追加画面を表示させます。
登録前のプログラムの追加画面

(4).[参照]ボタンを押下し、ファイル参照画面を表示させます。
ファイル参照画面

(5).「C:\Program Files\FitechForce\Job Arranger Agent\bin\jobarg_agentd.exe」を選択し、[開く]ボタンを押下します。
jobarg_agentd.exeの選択

(6).プログラム一覧に「jobarg_agentd.exe」が登録されていることを確認し、[OK]ボタンを押下します。
登録後のプログラムの追加画面

ジョブエージェントの起動

ジョブエージェントを起動させます。
なお、インストール直後の状態はWindowsサービスに「スタートアップの種類」が「自動」の状態でサービス停止しています。必要に応じて「スタートアップの種類」を変更してください。
※リブートアイコンを使用する場合は、「administrator権限」が付与されたユーザーで起動してください。

(1).「スタート」→「すべてのプログラム」→「Fitech Force」→「Job Arranger Agent」→「Start Arranger Agent」をクリックし実行します。
スタートメニュー画面(Windows Server 2008の例)

(2).「スタート」→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」でサービスコンソールを開きます。
(3).サービス一覧から、[Job Arranger Agent]の状態が「開始」であることを確認します。 サービス一覧画面