ジョブサーバー:jasender_monitor.shの設定

「jasender_monitor.sh」はジョブモニターからZabbixにメッセージを通知する場合に使用します。
ジョブモニターでジョブネットの未展開、および未起動を検知した際に、ジョブモニターが「jasender_monitor.sh」を実行し、Zabbixへエラー通知を行います。
これにより、Zabbixのトリガ画面やイベント画面にジョブモニターが検知したエラー内容を表示させたり、発生したエラーに応じて適切なアクションを設定することができます。

「jasender_monitor.sh」は初期インストール時に/etc/jobarranger/monitor/jasender_monitor.shに配置されます。このシェルは内部で変数定義をしており、各環境に合わせて設定する必要があります。
設定対象となるパラメータは[jasender_monitor.sh内環境変数]を参照して下さい。
jasender_monitor.shは、内部でZabbixの機能の一部である「zabbix_sender」コマンドを呼び出しております。
そのため「zabbix_sender」コマンドを「jasender_monitor.sh」からアクセスできる場所に配置しておく必要があります。Zabbixにjasender_monitor通知用のItemsとTriggerを作成しておく必要があります。
※ZabbixのItemsの登録方法についてはZabbixのマニュアルを参照下さい。

実行コマンド(jasender_monitor.sh)

シンタックス

#./jasender_monitor.sh [メッセージ種別番号] [カレンダーID] [スケジュールID] [ジョブネットID] [ユーザー名] [起動予定時刻]
※引数はジョブモニターが自動で設定します。

Zabbixに送信されるメッセージ

[ERROR] [メッセージID] メッセージ本文

jasender_monitor.sh 引数一覧

引数名 説明
メッセージ識別番号 メッセージ本文の種類を示す識別子を示します。
1 - ジョブネット未展開
2 - ジョブネット未起動
カレンダーID エラーを検知したスケジュールに登録されたカレンダーIDを示します。
スケジュールID エラーを検知したスケジュールIDを示します。
ジョブネットID エラーを検知したスケジュールに登録されたジョブネットIDを示します。
ユーザID エラーを検知したジョブネットの作成ユーザーIDを示します。
起動予定時刻 エラーを検知したジョブネットの起動予定時刻(YYYY-MM-DD HH:MM:SS)を示します。

jasender_monitor.sh内の環境変数

パラメータ 説明
ZABBIX_SERVER ZabbixサーバのIPアドレスを設定してください。
ZABBIX_PORT Zabbixサーバのポート番号を設定してください。
ZABBIX_SENDER zabbix_senderが格納されているパスを設定してください。
KEY Zabbix上で登録されているItemsで設定したkeyを設定してください。
HOST Zabbix上で登録されているエージェントのホスト名を設定してください。
※KEYとHOSTは、Zabbix側で受信するITEMとHOSTと同じにする必要があります。

Zabbix側受信Item設定

jasender_monitor.shから送信したデータをZabbixで受信するためには、受信用のITEMを設定する必要があります。

Zabbix Itemsパラメータ一覧

パラメータ 説明
ホスト Zabbix上で登録されているエージェントのホスト名を設定してください。
タイプ 「Zabbixトラッパー」を設定してください。
キー 任意のキー名を設定してください。
データ型 「テキスト」を設定してください。
※ホストとキーは、jasender_monitor.shの設定と同じにする必要があります。

Zabbix Triggerパラメータ一覧

パラメータ 設定内容
名前 任意のトリガー名を設定してください。
(Job Arrangerから送付されるメッセージ本文をそのままZabbixの画面に表示させたい場合は{ITEM.VALUE}を設定します)
条件式 {<ホスト名>:<キー名>.str([<重要度>])}=1
イベント生成 任意のイベント生成を設定してください。
深刻度 任意の深刻度を設定してください。