ジョブサーバー:Zabbix通知設定について

 Job Arrangerでジョブの異常終了や警告等の通知メッセージが発生した際、ジョブサーバがzabbix_senderを実行して指定のZabbixホストへ通知を行います。
バージョン2.1.0からジョブマネージャ一般設定のZabbix通知設定の登録により、ジョブサーバがZabbixにメッセージを通知する機能が加わりました。以前より有りました「jasender.sh」を使用せずともZabbixにメッセージを通知できますが、jasender.shの通知機能も合わせて利用可能です。

2種類のZabbix通知の概要

2つのZabbix通知の違い

通知種類 通知の宛先となるホスト
一般設定のZabbix通知 メッセージ通知先Zabbixホスト(通常はZabbixサーバのホスト)
オペレーションマニュアル>ジョブマネージャ基本操作>Zabbix通知設定 参照。
jasender.shの通知 ジョブアイコン、ファイル転送アイコン等で設定したホスト(メッセージの発生ホスト)、ホスト設定の無いアイコンについては環境変数のHOST

Zabbix通知フロー

Job Arranger for ZabbixのZabbix通知設定

実行コマンド(jasender.sh)

「jasender.sh」は初期インストール時に/etc/jobarranger/alert/jasender.sh(RPM使用時)に配置されます。シェル内部で変数定義をしていますので、各環境に合わせて設定します。
jasender.shはZabbix機能の一部である「zabbix_sender」コマンドを使用しますので、同コマンドを事前に配置しておきます。またZabbixに通知用のItemsも作成します。

シンタックス

#./jasender.sh [ユーザID] [ジョブネットID] [現在時刻] [メッセージID] [重要度] [メッセージ本文] [ホスト名] [ジョブID]
※引数はジョブサーバが自動で設定します。

Zabbixに送信されるメッセージ

[現在時刻] [重要度(INFO/CRIT/ERROR/WORN)] [メッセージID] メッセージ本文 (HostName=ジョブ実行ホストID、USER NAME=ユーザID JOBNET=ジョブネットID JOB=ジョブID)

jasender.sh 引数一覧

引数名 説明
ユーザID 通知メッセージが発生したジョブネットの作成ユーザーIDを示します。
ジョブネットID 通知メッセージが発生したジョブネットIDを示します。
現在時刻 コマンド実行時の現在時刻(YYYY/MM/DD HH:MM:SS)を示します。
メッセージID メッセージIDを示します。※
重要度 メッセージの重要度を示します。
0 - INFO
1 - CRIT
2 - ERROR
3 – WARN
メッセージ本文 メッセージIDに対応するメッセージ本文を示します。
ホスト名 通知メッセージが発生したアイコンに設定されたホスト名を示します。
(zabbix_senderに渡す宛先のホスト名となります。)
ジョブアイコン、ファイル転送/待合せアイコン、リブートアイコンのエラー時にのみ値が入ります。その他ホスト設定の無いアイコンのエラー時はこのホスト名は空になります。この場合は宛先ホスト名はjasender.sh 内の環境変数HOSTが使われます。
ジョブID エラーが発生したジョブIDを示します。
※メッセージID毎にログレベル(重要度)、Zabbixへの通知対象か否かは下記ファイル内で設定します。
 /etc/jobarranger/locale/logmessage_64BIT.txt
 (logmessage_32BIT.txtは32ビットマシンで使用)

jasender.sh内の環境変数

パラメータ 説明
ZABBIX_SERVER ZabbixサーバのIPアドレスを設定してください。
ZABBIX_PORT Zabbixサーバのポート番号を設定してください。
ZABBIX_SENDER zabbix_senderが格納されているパスを設定してください。
KEY Zabbix上で登録されているItemsで設定したkeyを設定してください。
※下記一般設定のZabbix通知アイテムキーと別途設定します。
 ジョブマネージャ基本操作>Zabbix通知設定>アイテムキー
HOST Zabbixサーバのホスト名を設定してください。
jasender.sh 引数でホスト名が無い場合にこのホスト名が使用されますので、ホスト設定の無いアイコンのエラーを一律Zabbixサーバのホストに通知する設定となります。

Zabbix側受信Item設定

 一般設定のZabbix通知用にはZabbixサーバのホストにアイテムを設定します。jasender.sh の通知の場合には全てのジョブエージェントのホストにアイテムを設定します。
 ※Itemsの登録方法についてはZabbixのマニュアルをご参照下さい。

Zabbix Items設定パラメータ一覧

パラメータ 説明
名前 任意の名前を設定してください。
タイプ 「Zabbixトラッパー」を設定してください。
キー 2つの種類に応じて設定してください。
・一般設定のZabbix通知:同Zabbix通知設定のアイテムキー
・jasender.shの通知:jasender.sh内のKEY
データ型 「テキスト」を設定してください。

トリガーの表示ホストについて

 jasender.sh の通知ではメッセージ発生のジョブエージェントのホストに対して通知されますので、これがトリガーの表示ホストとなり表示上の認識が容易です。
 一般設定のZabbix通知ではZabbixサーバのホストに通知されますので、トリガーの表示ホストは同じです。アイテム値に対象のホスト名がありますので、ホスト毎にトリガを分け、其々で名前にホスト名を入れる等の工夫で表示上の識別ができます。(Zabbix通知フロー下部参照)