ジョブサーバー:jobarg_monitor.confの設定

ジョブネットの投入監視を行うジョブモニターを使用する場合には以下の設定ファイルを編集します。
なお、ジョブモニターはオプション機能です。ジョブモニターが未実行でもジョブサーバの動作には影響ありません。

/etc/jobarranger/jobarg_monitor.confを環境に合わせて設定をします。
「Include」の設定を行うことで、jobarg_server.confで設定しているパラメータをjobarg_monitor.confで使用することができます。
必要に応じて、パラメータの追加や上書きを行ってください。

jobarg_monitor.conf パラメータ一覧

パラメータ 必須 初期値 説明
Include × /etc/jobarranger/jobarg_server.conf jobarg_server.confを指定してください。
これを指定することにより、jobarg_server.confの情報を取り込み、jobarg_monitor.confで使用することが出来ます。
DBHost × Localhost
※コメントアウトされています。
データベースがlocalhost以外の場合はコメントを外してデータベースが稼働するホスト名を設定してください。
DBName ※コメントアウトされています。(Includeの指定があるので) 使用するデータベース名を設定してください。
DBSchema × ※コメントアウトされています。 設定不要。
DBUser ※コメントアウトされています。(Includeの指定があるので) 使用するデータベース接続ユーザ名を設定してください。
DBPassword × ※コメントアウトされています。 使用するデータベース接続ユーザのパスワードを設定してください。
DBSocket × /tmp/mysql.sock
※コメントアウトされています。
MySQLの接続にソケットを使用する場合はコメントを外して設定してください。
DBPort × 3306
※コメントアウトされています。
データベースポートを設定してください。
ローカルソケットの場合データベースポートは使用されません。
DebugLevel × 3 デバックの出力レベルを設定してください。
0 - 出力なし
1 - クリティカル情報
2 - エラー情報
3 - 警告
4 - デバッグ情報(大量の情報が出力されます)
LogFileSize × 1 ログファイルの最大サイズ(MB単位)を設定してください。
0 - 自動ログローテーション無効
範囲[0-1024]
JaLogFile × /var/log/jobarranger/jobarg_monitor.log ジョブモニターのログファイルの保管場所/ファイル名を設定してください。
JaPidFile × /var/run/jobarranger/jobarg_monitor.pid ジョブモニターのPidファイルの保管場所/ファイル名を設定してください。
JaMonitorInterval × 60 (秒)
※コメントアウトされています。
ジョブモニターの監視間隔を指定します。
この値を60以下の値にすると、同じ検知メッセージを複数出力します。
範囲[1-60]
JaSenderScript × /etc/jobarranger/monitor/jasender_monitor.sh 検知したエラーをZabbixに通知するZabbix通知シェル(jasender_monitor.sh)の保管場所/ファイル名を設定してください。
本パラメータが省略されている場合はZabbixに検知メッセージを通知しません。
JaExecutionUser × zabbix
※コメントアウトされています。
ジョブサーバを実行するUNIXユーザーを指定してください。