ジョブサーバー:ソースコードからインストール

ジョブサーバー:コンパイル

Job Arrangerのソースコードを下記のURLよりダウンロードして展開します。
https://ftf-support.fitechforce.com/redmine/projects/job-arranger-for-zabbix/repository/

前提ソフトウェアのインストール

前提として、Json-C と libtarのインストールが完了していることとします。
ご利用のOSに対応したものをインストールしてください。

コンパイル

  1. コンパイルの準備を行います。
  2. MySQL

    # cd jobarranger-*.*.*
    # ./configure --enable-server --with-mysql

    PostgreSQL

    # cd jobarranger-*.*.*
    # ./configure --enable-server --with-postgresql
  3. コンパイルを実行して、インストールします。
  4. # make
    # make install
    デフォルトでは、全てのファイルが/usr/local配下にインストールされます。
    変更したい場合は、configureのオプションで--prefixを使用し、任意の場所を指定して実行してください。

オプション一覧

オプション名 説明
--enable-server ジョブサーバーのバイナリをコンパイルします。
--with-mysql ジョブサーバーのデータベースにMySQLを指定します。
--with-postgresql ジョブサーバーのデータベースにPostgreSQLを指定します。
--with-json json-Cのインストールディレクトリを指定します。通常は省略可能です。
--prefix=対象ディレクトリ 指定されたディレクトリにインストールします。
省略すると/usr/local配下にインストールします。

初期データをインポート

ZabbixデータベースにJob Arrangerの初期データをインポートします。

MySQL

# cd /usr/local/src/jobarranger-*.*.*/database/mysql
# mysql -u DBユーザー -pパスワード zabbixデータベース名 < MySQL_JA_CREATE_TABLE.sql
# cd /usr/local/src/jobarranger-*.*.*/database/data
# mysql -u DBユーザー -pパスワード zabbixデータベース名 < JA_INSERT_TABLE.sql

PostgreSQL

# cd /usr/local/src/jobarranger-*.*.*/database/potgresql
# psql -U DBユーザー zabbixデータベース名 < PostgreSQL_JA_CREATE_TABLE.sql
# cd /usr/local/src/jobarranger-*.*.*/database/data
# psql -U DBユーザー zabbixデータベース名 < JA_INSERT_TABLE.sql

アンインストール

  1. サービスの停止を行います。
  2. # /etc/init.d/jobarg-all stop
    # /etc/init.d/jobarg-agent stop
  3. ジョブサーバーとジョブモニター(存在すればエージェントも含む)のアンインストールを行います。
  4. # cd /usr/local/src/JobArranger-*.*.*
    # make uninstall
  5. テーブルの削除を行います。
  6. MySQL

    # cd /usr/share/doc/jobarranger-server-mysql-*.*.*/database/mysql
    # mysql -u DBユーザー -pパスワード zabbixデータベース名 < MySQL_JA_DROP_TABLE.sql

    PostgreSQL

    # cd /usr/share/doc/jobarranger-server-postgresql-*.*.*/database/postgresql
    # psql -U DBユーザー zabbixデータベース名 < PostgreSQL_JA_DROP_TABLE.sql
  7. スタートアップシェルの削除を行います。
  8. # cd /etc/init.d
    # rm –f jobarg-all jobarg-server jobarg-monitor
  9. ソースコードディレクトリの削除を行います。
  10. # cd /usr/local/src
    # rm –rf jobarranger-*.*.*