実行ジョブの全体管理

ジョブマネージャにて管理されている全てのジョブネットについて運行状況リスト、エラーリスト、実行中リストに分けてジョブ実行管理を行っています。
画面上部にあるジョブ実行管理タブ選択することにより表示されます。
なお、本画面では1秒おきに、テーブルからデータの再取得を行い、すべてのリストオブジェクトの表示内容をリフレッシュします。
HOME

ジョブネットの稼働状況について、以下の3フィールドで構成されています。
リスト名 説明
運行状況リスト 現在時刻から前後1時間(テーブルの設定値により変更可能)の範囲で、実行予定と実行中、および処理を終了したすべてのジョブネットを表示します。
エラーリスト 異常終了となったジョブネットと最後にエラーが発生したジョブを表示します。
リストはジョブの再実行により、ジョブネットの状態が実行中、および処理終了に変化するか、リスト行を選択後、コンテキストメニューによる非表示を選択することで、一覧から非表示となります。
実行中リスト 現在稼働中のジョブネットが表示されます。

※実行ジョブ管理画面にて上記リストを非表示に変更したい場合は、メニューバーより「表示」-「運行状況ジョブネット一覧」「エラージョブネット一覧」「実行中ジョブネット一覧」のチェックをオフにすると、表示されなくなります。
ジョブ状況フラグ 展開状況
通常 タイムアウト エラー 正常 エラー
ステータス 未実行 予定
実行準備 予定
実行中 実行中 実行中 実行中
強制停止中 実行中 実行中 実行中
正常終了 処理終了 処理終了 処理終了
実行エラー 実行中 実行中 実行中
異常終了 処理終了 処理終了 処理終了 処理終了 展開エラー

実行ジョブ管理画面操作

実行ジョブ管理画面では、コンテキストメニューより以下の操作が可能となります。

ジョブネット行の非表示

指定ジョブネット行を非表示にします。
本メニューはエラーリストのジョブネット行を選択時にのみ表示され、選択されたジョブネット行を非表示に設定します。
なお、ジョブネットの非表示は設定したジョブマネージャのみ有効であり、他のジョブマネージャには影響しません。
また、ジョブマネージャの次回起動時は非表示の設定を引き継ぎません。

ジョブネットの停止

指定ジョブネットを停止(実行キャンセル)にします。
本メニューはジョブネット行を選択時にのみ表示され、選択されたジョブネットを強制停止します。
停止処理はエージェントより停止コマンドを実行し、停止させます。
なお、停止したジョブネットは稼働状況が「処理終了」ステータスに変わります。