ジョブマネージャ画面の構成

ジョブマネージャのGUI機能として以下の通り大きく3種類に分けられます。
ジョブマネージャ画面


オブジェクトを管理するための「オブジェクト管理タブ」

各オブジェクト(カレンダー、スケジュール、ジョブネット)のバージョン管理、作成・編集、インポート・エクスポートなどを行います。
画面名 内容
オブジェクト一覧画面 全オブジェクトの一覧を表示します。
また、オブジェクト毎のバージョン管理も行います。
カレンダー編集画面 カレンダー作成・編集を行えます。
ジョブネット編集画面 ジョブネット作成・編集を行えます。
スケジュール編集画面 スケジュール作成・編集を行えます。
エクスポート画面 各オブジェクトのエクスポート操作が行えます。
インポート画面 各オブジェクトのインポート操作が行えます。


ジョブの実行状態を管理するための「ジョブ実行管理タブ」

ジョブマネージャが管理している各ジョブネットの実行状態を一元管理しています。
また、ジョブネット単体毎の実行状態の確認や保留、スキップ等のジョブネット操作を行うことが出来ます。
画面名 内容
実行ジョブ管理画面 全ジョブネットの稼働状況を一覧形式で表示します。
実行ジョブ詳細画面 ジョブネット単体の稼働状況を表示します。


ジョブの実行結果を表示するための「実行結果表示タブ」

ジョブネット、および各ジョブ(アイコン)の実行結果の検索と表示を行います。
また、表示されたジョブの実行結果をCSV形式のファイルに出力することが可能です。
画面名 内容
ジョブ実行結果画面 ジョブの実行結果の検索と表示を一覧形式で表示します。
ジョブ実行結果出力画面 ジョブの実行結果をCSV形式のファイルで出力します。