ユーザ毎の動作モード

ログインするユーザタイプにより、ジョブマネージャの動作モードが変わります。
また、ユーザはユーザグループと呼ばれる同じセキュリティ権限を持つユーザの集合体に1つ以上所属します。
この所属グループによって操作可能なオブジェクトも変わります。
※オブジェクトとは、カレンダー、ジョブネット、スケジュールといった操作対象となるアイテムを指します。
ユーザタイプと動作モードの関係性は以下の通りです。
なお、ユーザタイプはZabbix側で設定されている権限制約であり、それをもとにJob Arrangerの動作モードを決定しています。

ユーザタイプ 動作モード 説明
一般 運用モード 対象オブジェクト 自分自身を含む、同じユーザグループに所属するユーザが作成したオブジェクト
※但し、公開ジョブネットについては未所属のユーザグループであっても実行が可能です。
可能な操作 ジョブ実行、インポート・エクスポート
不可能な操作 カレンダー、スケジュール、ジョブネットの編集
管理者 開発モード 対象オブジェクト 自分自身を含む、同じユーザグループに所属するユーザが作成したオブジェクト
※但し、未所属のユーザグループ・ユーザが作成した公開オブジェクトは参照と実行のみ可能です。
可能な操作 全ての機能
不可能な操作 なし
特権管理者 開発モード 対象オブジェクト 全てのオブジェクト
可能な操作 全ての機能
不可能な操作 なし