ジョブネットの実行

手動実行

オブジェクトツリーで個別のジョブネット行を選択した場合、メニューバー、およびコンテキストメニューより「即時実行」、「保留実行」、「テスト実行」が選択できます。
実行の際には関連する各ジョブネットをすべて「有効」にしてください。

即時実行

即時実行はスケジュールの内容に関係なく、即座に処理を開始します。
(1).オブジェクトツリーより実行対象のジョブネットを選択し、メニューバーおよびコンテキストメニューより「即時実行」をクリックします。
即時実行の選択

(2).実行確認ダイアログが表示されるので、「はい」ボタンを押下します。
実行確認ダイアログ

(3).ジョブネットが起動され、実行ジョブ詳細画面が表示されます。
即時実行後の実行ジョブ詳細画面

保留実行

保留実行は、ジョブネット自体が一時保留された状態(開始アイコンが保留された状態)で起動され、実行ジョブ詳細画面で各アイコンに対する保留、スキップ等の事前操作が行えるようになります。
(1).オブジェクトツリーより実行対象のジョブネットを選択し、メニューバーおよびコンテキストメニューより「保留実行」をクリックします。
保留実行の選択

(2).実行確認ダイアログが表示されるので、「はい」ボタンを押下します。
実行確認ダイアログ

(3).開始アイコンが保留状態でジョブネットが起動され、実行ジョブ詳細画面が表示されます。
保留実行後の実行ジョブ詳細画面

テスト実行

テスト実行は、即座に処理を開始しますが、個々のジョブに登録されたコマンドの実行は行わず、ジョブフローの流れの正当性のみを検査します。
ジョブネット作成直後、フローの正当性を確認したい際にテスト実行を行います。
なお、フローの正当性のみを検査するため、条件分岐処理は同時に両方通過するように流れます。
また、ジョブネットアイコン、およびタスクアイコンによるジョブネットの呼出し、起動は行いません。ジョブアイコンは実際にエージェントまでリクエストを発行しますが、コマンドの実行は行いません。
(1).オブジェクトツリーより実行対象のジョブネットを選択し、メニューバーおよびコンテキストメニュー より「テスト実行」をクリックします。
テスト実行の選択

(2).実行確認ダイアログが表示されるので、「はい」ボタンを押下します。
実行確認ダイアログ

  (3).ジョブネットが起動され、実行ジョブ詳細画面が表示されます。
テスト実行後の実行ジョブ詳細画