エクスポート/インポートの操作

ジョブ構成オブジェクトであるカレンダー、スケジュール、ジョブネットについて、エクスポート、およびインポート機能により、データのバックアップや別環境へのデータコピーが行えます。
なお、バージョンが異なるジョブマネージャ(Job Arranger)間のインポート/エクスポートは行えません。
また、インポート先のJob Arrangerにはエクスポートしたユーザーが登録されている必要があります。
※エクスポートファイルはxml形式で出力されます。

エクスポート

ログインユーザーで編集・参照可能なオブジェクト(カレンダー、スケジュール、ジョブネット)のエクスポートには以下の方法があります。なお、公開オブジェクトもエクスポート対象となります。

(1).エクスポート対象となるオブジェクトを選択します。

<すべてのオブジェクトを対象とする場合>

メニューバーより「ファイル」―「エクスポート」を選択します。

<個別オブジェクトの全バージョンを対象とする場合>

オブジェクト一覧画面のオブジェクトツリーより個別のオブジェクトを選択し、オブジェクトツリーのコンテキストメニューより、「エクスポート」を選択します。

<個別オブジェクトの特定バージョンを対象とする場合>

オブジェクト一覧画面のリストオブジェクト(一覧)より特定バージョンの個別オブジェクトを選択し、リスト行のコンテキストメニューより、「エクスポート」を選択します。

(2).メニューバーより「ファイル」―「エクスポート」を選択します。
(3).エクスポート画面が表示されます。
エクスポート画面

(4).「参照」ボタンを押下します。
(5).ファイル選択ダイアログが表示されるので、保存場所ならびにファイル名を指定し「OK」ボタンを押下します。
※「参照」ボタンを押さずに直接ファイル名のみを記載してエクスポートした場合は、ジョブマネージャのインストールフォルダ内にエクスポートファイルが作成されます。
(6).エクスポート画面上のファイル出力先が正しいことを確認し、「OK」ボタンを押下します。

インポート

(1).メニューバーより「ファイル」―「インポート」を選択します。
(2).インポート画面が表示されます。
インポート画面

(3).「参照」ボタンを押下します。
(4).ファイル選択ダイアログが表示されるので、インポート対象のファイルを指定し、「OK」ボタンを押下します。
(5).必要に応じて、「上書きを許可する」のチェックボックスにチェックを入れます。
※「上書きを許可する」がチェックされている場合、インポート先のDBに同一のオブジェクトデータがすでに存在する場合でも上書きでインポートします。チェックされていない場合は同一オブジェクトデータが存在するとエラーとなります。
(6).インポート画面上のインポート対象ファイルが正しいことを確認し、「OK」ボタンを押下します。