外部I/F機能 : jobarg_exec

外部からジョブネットを起動できる機能を実現するコマンドは「jobarg_exec」です。
Job Arrangerのインストール時にはジョブサーバの「/usr/bin または/usr/local/bin」配下に配置されます。
ジョブサーバ以外で利用する場合はコマンドを目的のノードにコピーし、利用してください。
コマンドインターフェースは以下の通りです。
jobarg_exec [-hV] -z <hostname or IP> [-p <port>] -U <username> -P <password> -j <jobnetid>
[-t <YYYYMMDDHHMM>] [-E <environment-variable>,...]
※コマンドが正常終了した場合、実行されたジョブネットの管理IDを標準エラー出力に出力します。

オプション一覧

オプション名 説明
-z <hostname or IP> ジョブサーバのIPアドレスかホスト名を指定します。
-p <port> ジョブサーバのポート番号を指定します(省略可能)。
デフォルトのポート番号は10061。
-U <username> ジョブサーバにログイン(ジョブネットを起動)するユーザー名を指定します。
-P <password> ユーザのパスワードを指定します。
-j <jobnetid> 起動するジョブネットIDを指定します。
-t <YYYYMMDDhhmm> ジョブネットを日付・時間指定起動させたい場合は指定します。
-E <environment-variable>,… ジョブネットに対して、外部I/Fの実行環境の環境変数を渡したい場合に指定します。
指定するのは環境変数名のみです(例:LANG)。
複数の環境変数を渡したい場合は「,」区切りで引数に指定してください。
-h コマンドヘルプ
-V バージョン情報

戻り値一覧

ステータス 戻り値
受付成功 0(標準エラー出力に登録No.を表示)
受付失敗 255(標準エラー出力にエラー理由を表示)