外部I/F機能 : jobarg_get

ジョブネットのステータスを取得できる機能を実現するコマンドは「jobarg_get」です。
Job Arrangerのインストール時にはジョブサーバの「/usr/local/bin」配下に配置されます。
ジョブサーバ以外で利用したい場合はコマンドを目的のノードに移動させてから利用してください。
(本コマンドはLinux版ジョブエージェントのrpmパッケージに含まれています。)
コマンドインターフェースは以下の通りです。
jobarg_get [-hV] -z <hostname or IP> [-p <port>] -U <username> -P <password> -r <registry number>[-e]

オプション一覧

オプション名 説明
-z <hostname or IP> ジョブサーバのIPアドレスかホスト名を指定します。
-p <port> ジョブサーバのポート番号を指定します(省略可能)。
デフォルトのポート番号は10061。
-U <username> ジョブネットを起動するユーザ名を指定します。
-P <password> ユーザのパスワードを指定します。
-r <registry number> ステータスを確認したいジョブネットの管理IDを指定します。
この値は、jobarg_execの実行結果に出力されます。
-e 取得したジョブネット情報の各値をexportコマンドによる環境変数形式で出力します。
このオプションにより出力された内容をファイルに出力し、sourceコマンドにより展開することで、他のシェルやアプリケーションでジョブネット情報を利用することが可能です。
-h コマンドヘルプ
-V バージョン情報

出力内容

項目名 説明
Jobnetid ジョブネットID
jobnetname ジョブネット名
Time of a schedule 実行予定時刻(スケジュール起動時刻)(YYYYMMDDHHMM)
Time of a start 実行起動時刻(YYYYMMDDHHMMSS)
Time of a end 実行終了時刻(YYYYMMDDHHMMSS)
The run type of a jobnet ジョブネットの実行タイプ
NORMAL :通常(スケジュール起動)
IMMEDIATE :即時実行
WAIT :保留実行
TIME :時刻実行
Status of a jobnet ジョブネットの稼働状態
BRGIN :未実行
READY :実行準備
RUN :実行中
END :正常終了
RUNERR :実行エラー
ENDERR :異常終了
ABORT :強制停止
Status of a job ジョブの稼働状態
NORMAL :通常
TIMEOUT :タイムアウト発生
ERROR :異常発生
Last job return value 最後に実行されたアイコンの戻り値(終了アイコンを除く)
Last job standard output 最後に実行されたアイコンの戻り値(終了アイコンを除く)
Last job standard error 最後に実行されたアイコンの標準エラーの内容(終了アイコンを除く)

戻り値一覧

ステータス 戻り値
ジョブネット状態
(未実行/実行待ち)
0(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(実行準備)
1(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(実行準備)
1(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(実行中)
2(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(実行中:ジョブタイムアウト発生)
21(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(実行中:ジョブエラー発生)
22(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(正常終了)
3(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(実行エラー)
4(標準出力に取得結果を表示)
ジョブネット状態
(異常終了)
5(標準出力に取得結果を表示)
確認失敗 255(標準エラー出力にエラー理由を表示)