実行結果のファイル出力

ジョブ実行結果画面の「CSV出力」ボタンを押下することにより、画面に表示されたジョブの実行履歴をCSV形式のファイルに出力することが可能です。
(1).ジョブ実行結果画面の「CSV出力」ボタンを押下します。
ジョブ実行結果画面のCVS出力ボタン

(2).CSV出力ボタンを押下すると、下記のジョブ実行結果出力画面が表示されます。
ジョブ実行結果出力画面

(3).「参照」ボタンを押下します。
(4).ファイル選択ダイアログが表示されるので、保存場所ならびにファイル名を指定し「OK」ボタンを押下します。
※ファイル名のみを指定した場合は、ジョブマネージャのインストールフォルダ内にCSVファイルが作成されます。
(5).ファイル出力先が正しいことを確認し、「OK」ボタンを押下します。

CSVファイルのフォーマット

ファイルに出力されるジョブの実行結果にはジョブ実行結果画面の表示項目に加え、実行タイプ、公開フラグ、メッセージIDなどの詳細な情報が含まれます。
また、各項目はダブルコーテーション(")で囲まれます。
項目 説明
実行日付 ジョブ(アイコン)実行時の日付(YYYY/MM/DD HH:MM:SS.sss)を示します。
管理ID
(親ジョブネット)
ジョブネット実行時に採番される管理用のIDを示します。
※管理IDは複数存在する同一のジョブネットを区別する際に使用します。
管理ID
(サブジョブネット)
ジョブネットアイコンにより実行されるサブジョブネットの管理IDを示します。
実行タイプ ジョブネットの起動方法を示します。
0:スケジュール起動
1:即時実行
2:保留実行
3:テスト実行
4:時刻実行(jobarg_execコマンドによる時刻起動時のみ)
5:ジョブ単体起動
公開フラグ 公開ジョブネットであることを示します。
0:プライベートジョブネット
1:公開ジョブネット
ジョブネットID ジョブ(アイコン)が所属するジョブネットIDを示します。
ジョブID 各アイコンのジョブIDを示します。
メッセージID ジョブ実行結果画面の「状況」欄のメッセージに対応するメッセージIDを示します。
JC00000001:ジョブネットが開始しました。
JC00000002:ジョブネットが終了しました。
JC00000003:ジョブが開始しました。
JC00000004:ジョブが終了しました。
JC00000005:ジョブがタイムアウトしました。
JC00000006:ジョブをスキップします。
JC00000007:ジョブを再実行します。
JC90000001:ジョブネットのスケジュール起動が行えませんでした。
JC90000002:ジョブが異常終了しました。
JC90000003:ジョブネットが異常終了しました。
状況 メッセージIDに対応したメッセージ本文(ジョブネット、およびジョブの状況)を示します。
※内容については「メッセージID」を参照してください。
ジョブネット名 ジョブ(アイコン)が所属するジョブネット名を示します。
ジョブ名 各アイコンのジョブ名を示します。
ジョブ名が未設定の場合は値無し("")となります。
ユーザー名 ジョブネットを作成したユーザー名を示します。
更新日 ジョブネットの更新日(YYYY/MM/DD HH:MM:SS)を示します。
戻り値 ジョブアイコンとリブートアイコンの戻り値(0~255)を示します。
その他のアイコンでは値無し("")となります。