実行ジョブ管理画面操作

実行ジョブ管理画面では、コンテキストメニューより以下の操作が可能となります。
実行ジョブ管理画面でのコンテキストメニュー

ジョブネット行の非表示

指定ジョブネット行を非表示にします。
本メニューはエラーリストのジョブネット行を選択時にのみ表示され、選択されたジョブネット行を非表示に設定します。
なお、ジョブネットの非表示は設定したジョブマネージャのみ有効であり、他のジョブマネージャには影響しません。
また、ジョブマネージャの次回起動時は非表示の設定を引き継ぎません。

ジョブネットの停止

指定ジョブネットを強制停止(実行キャンセル)にします。
本メニューはジョブネット行を選択時にのみ表示され、選択されたジョブネットを強制停止します。
ジョブアイコンが実行中の場合はコマンドの強制停止か、指定された停止コマンドを実行します。
エージェントレスアイコンが実行中の場合はすべてのセッションを切断します。
なお、停止したジョブネットは稼働状況が「処理終了(赤)」に変わります。

遅延起動エラーの再実行

遅延起動エラーとなったジョブネットを起動します。
本メニューは遅延起動エラーとなったジョブネット行を選択時にのみ表示され、選択されたジョブネットを起動します。