jobarg_joblogputコマンド

ジョブの実行結果を取得できる機能を実現するコマンドは「jobarg_joblogput」です。
Job Arrangerのインストール時にはジョブサーバの「/usr/bin または/usr/local/bin」配下に配置されます。
ジョブサーバ以外で利用したい場合はコマンドを目的のノードにコピーし、利用してください。

コマンドインターフェース

# jobarg_joblogput [-hV] -z <hostname or IP > [-p <port>] -U <username> -P <password> -s [<YYYYMMDD>|<YYYYMMDDHHMM>] -e [<YYYYMMDD>|<YYYYMMDDHHMM>] -n <jobnet-id> -j <job-id> -u <target-user> -r <registry number>

オプション一覧

オプション名 説明
-z <hostname or IP> ジョブサーバのIPアドレスかホスト名を指定します。
-p <port> ジョブサーバのポート番号を指定します(省略可能)。
デフォルトのポート番号は10061。
-U <username> ジョブサーバにログインするユーザー名を指定します。
-P <password> ユーザのパスワードを指定します。
-s [<YYYYMMDD>|<YYYYMMDDHHMM>] 検索対象となる開始日時を指定します。「-r」指定時のみ省略可能です。
なお、開始日時は以下の形式で指定します。YYYYMMDD(HHMM)※時分(HHMM)を省略した場合は日単位の指定となります。
また、日付の形式は「-s」、「-e」で統一する必要があります。
-e [<YYYYMMDD>|<YYYYMMDDHHMM>] 検索対象となる終了日時を指定します。「-r」指定時のみ省略可能です。
なお、終了日時は以下の形式で指定します。YYYYMMDD(HHMM)※時分(HHMM)を省略した場合は日単位の指定となります。
また、日付の形式は「-s」・「-e」で統一する必要があります。
-n <jobnet-id> 検索期間に加え、絞込みを行うジョブネットIDを指定します。
なお、ジョブネットIDでは正規表現が利用可能です。
-j <job-id> 検索期間に加え、絞込みを行うジョブIDを指定します。
なお、ジョブIDでは正規表現が利用可能です。
-u <target-user> 検索期間に加え、絞込みを行うユーザー名を指定します。
なお、ユーザー名では正規表現が利用可能です。
-r <registry number> 検索対象となる管理IDを指定します。
なお、本オプション指定時には「-s」「-e」が無視されます。
-h コマンドヘルプ
-V バージョン情報

戻り値一覧

ステータス 戻り値
取得成功 0(標準出力にジョブの実行結果データを表示)
確認失敗 255(標準エラー出力にエラー理由を表示)