条件分岐アイコン:ジョブネット

条件分岐アイコンでは、直前のジョブアイコンにて出力されたジョブコントローラ変数の値によって条件分岐するための条件値(比較値)の登録をします。

条件分岐アイコンの使用例

条件分岐アイコンでは1本の通常フロー(INフロー)と、TRUEフローおよびFALSEフローの2本の条件フロー(処理線)を設定します。条件フローは予め設定した通常フローに対し、条件フローの種類(TRUE、およびFALSE)を指定することで登録します。
条件フローによる分岐したフローの収束(結合)には条件分岐終了アイコンを使用します。
Job Arranger for Zabbixのオブジェクト管理

条件分岐アイコンの設定

選択した条件分岐アイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
条件分岐アイコンの設定ダイアログが表示されます。
Job Arranger for Zabbixのオブジェクト管理


項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字と記号(ハイフン)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として「識別子(IF-)+連番」のIDが自動採番されます。
ASCII文字のみ使用可能です。重複登録不可です。最大16文字まで入力可能です。
ジョブ名 テキストボックス ジョブの名称を指定します。
ASCII文字以外の日本語、全角英字、記号も使用可能です。最大16文字まで入力可能です。省略可能です。
変数名 テキストボックス 比較元となるジョブコントローラ変数を指定する。
ASCII文字のみ使用可能です。最大128文字まで入力可能です。
処理方法 リストボックス 比較対象となる変数が数値か文字列かを指定します。
比較値 テキストボックス 条件がTRUEとなる値を指定します。
なお、比較条件は等価(=)となります。
■処理方法「数値」の場合
数値ではカンマ(,)での複数指定、およびハイフン(-)での範囲指定が可能です。半角数字、カンマ(,)、ハイフン(-)のみ使用可能です。半角4000文字まで入力可能です。
範囲指定例: 1,3,129-255
■処理方法「文字列」の場合
文字列では変数に指定された文字列が含まれている場合、TRUEとなります。
※完全一致させたい場合は「^文字列$」と記述してください。
文字列では正規表現が利用可能です。ASCII文字のみ使用可能です。半角4000文字まで入力可能です。
正規表現例: abc[a-z][0-9]def?g.*
※ジョブコントローラ変数毎の値に関しては、「表 5-4 ジョブコントローラ変数一覧」「表 5-8 拡張ジョブ一覧」「表 5-12 情報取得アイコンの設定項目」をご参照ください。