情報取得アイコン:ジョブネット

情報取得アイコンでは、稼働状況の取得対象となるアイコン(ジョブID)を登録します。

情報取得アイコンの使用

情報取得アイコンの使用例については、拡張ジョブアイコンをご参照下さい。

情報取得アイコンの設定

- 選択した情報取得アイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
- 情報取得アイコンの設定ダイアログが表示されます。
Job Arranger for Zabbixの情報取得アイコン

項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字と記号(ハイフン)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として「識別子(INFO-)+連番」のIDが自動採番されます。
半角英数字、ハイフン(-)のみ使用可能です。
重複登録不可です。
半角32文字まで入力可能です。
情報種別 リストボックス 取得する情報の種別を指定します。
指定可能な種別は、ジョブ状態のみとなります。
なお、取得値(※)はジョブコントローラ変数「LAST_STATUS」に格納されます。
※取得値は以下の通り格納されます。
未実行:0、実行準備:1、実行中:2、正常終了:3、実行エラー:4、 異常終了:5、強制終了:6
ジョブ情報 テキストボックス 情報種別がジョブ状態の場合、取得対象となるジョブが所属するジョブIDを指定します。
指定可能なジョブは自ジョブネットと、自ジョブネットから呼び出されるジョブネット(サブジョブネット)に所属するジョブが対象となります。
サブジョブネットのジョブを指定する場合は、以下の形式で記述します。
「ジョブネットアイコンのジョブID/サブジョブネットの取得対象ジョブID」 ※サブジョブネットが複数階層に至る場合、スラッシュ(/)で続けて記述する事が可能です。
入力例) 4階層目の[JOB-3]のステータスを取得したい場合 「JOBNET-1/JOBNET-2/JOBNET-1/JOB-3」 半角英数字、カンマ(,)、スラッシュ(/)のみ使用可能です。
半角1024文字まで入力可能です。