ファイル転送アイコン:ジョブネット

ファイル転送アイコンは対象ファイルをホスト間で転送させることが出来ます。
転送可能な最大ファイルサイズは1ファイル2GBまでとなります。
なお、ファイル名にASCII文字以外(日本語など)を使用した場合、異なるOS間(Linux⇔Windowsなど)でのファイル転送は行えません。(実行時にエラーとなります)
ファイル転送アイコン設定では転送元のホストとファイル情報、および転送先のホストとディレクトリを登録します。

ファイル転送アイコンの設定

(1).選択したファイル転送アイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
(2).ファイル転送アイコンの設定ダイアログが表示されます。
Job Arranger for Zabbix ファイル転送アイコン

(3).各項目について入力します。
項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として「識別子(FCOPY-)+連番」のIDが自動採番されます。
重複登録不可です。
半角32文字まで入力可能です。
ジョブ名 テキストボックス ジョブの名称を指定します。
ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。
全角32文字、半角64文字まで入力可能です。
省略可能です。
転送元ホスト リストボックス
テキストボックス
転送元となるファイルが存在するホスト(サーバ)を指定します。
「ホスト名」と「変数」の同時指定は行えません。
「ホスト名」ではZABBIXに登録済みのホストを選択します。
「変数名」ではホスト名が格納されたジョブコントローラ変数を指定します。
ASCII文字のみ使用可能です。
半角128文字まで入力可能です。
転送元ファイル情報 テキストボックス 転送元になるファイル情報を指定します。
「ディレクトリ」には転送元のファイルが存在するディレクトリ(フォルダ)をフルパスで指定します。
「ファイル名」には転送対象となるファイル名を指定します。
なお、ファイル名には以下のワイルドカードが利用可能です。
「*」任意の文字列
「?」任意の一文字
全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。半角1024文字まで入力可能です。
※転送元情報と転送先情報に同一ホストの同じディレクトリを指定すると実行時にエラーとなります。
転送先ホスト リストボックス
テキストボックス
転送先となるファイルが存在するホスト(サーバ)を指定します。
「ホスト名」と「変数」の同時指定は行えません。
「ホスト名」ではZABBIXに登録済みのホストを選択します。
「変数名」ではホスト名が格納されたジョブコントローラ変数を指定します。
ASCII文字のみ使用可能です。
半角128文字まで入力可能です。
転送先ディレクトリ情報 テキストボックス
チェックボックス
ファイルの転送先ディレクトリと上書き許可を指定します。
転送先に同一ファイル名が一つでも存在する場合、エラーとなります。ファイルの上書きを許可する場合は「上書きを許可する」をチェックします。
※上書きが許可されていない場合、同一ファイル名のファイルが存在した場合にエラーとなりますが、複数のファイルが転送対象となっている場合は同一ファイル名を検出した時点でエラーとなるため、すでに転送が完了したファイルは転送済みの状態となります。
全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。
半角1024文字まで入力可能です。
強制実行 テキストボックス
チェックボックス
ホストが無効の場合でも処理を実行します。
ホストが無効で、このオプションが無効の場合は、エラーが発生します。