リブートアイコン:ジョブネット

リブートアイコンは対象ホストのリブート(再起動)を行います。リブートアイコンが実行されると、対象ホストに対するすべてのジョブアイコン、およびファイル転送アイコンの実行が保留(待合せ)されます。
また、処理モードに「強制リブート」を指定した場合や待合せ時間を超過したジョブは強制停止され、該当するアイコンがエラーとなります。

リブートアイコンの設定

(1).選択したリブートアイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
(2).リブートアイコンの設定ダイアログが表示されます。
Job Arranger for Zabbix リブートアイコン

(3).各項目について入力します。
項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として「識別子(REBOOT-)+連番」のIDが自動採番されます。
重複登録不可です。
半角32文字まで入力可能です。
ジョブ名 テキストボックス ジョブの名称を指定します。
ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。
全角32文字、半角64文字まで入力可能です。
省略可能です。
ホスト リストボックス
テキストボックス
対象ファイルが存在するホスト(サーバ)を指定します。「ホスト名」と「変数」の同時指定は行えません。
「ホスト名」ではZabbixに登録済みのホストを選択します。
「変数名」ではホスト名が格納されたジョブコントローラ変数を指定します。
ASCII文字のみ使用可能です。半角128文字まで入力可能です。
ファイル名 リストボックス
テキストボックス
リブート対象となるホスト(サーバ)を指定します。「ホスト名」と「変数」の同時指定は行えません。
「ホスト名」ではZabbixに登録済みのホストを選択します。
「変数名」ではホスト名が格納されたジョブコントローラ変数を指定します。
ASCII文字のみ使用可能です。半角128文字まで入力可能です。
処理モード ラジオボタン リブート時の処理モードを指定します。
処理モードが「強制リブート」の場合、該当ホストで実行中のすべてのジョブを即時に強制終了します。
処理モードが「ジョブ待合せ後リブート」の場合、実行中のジョブの完了を待ってリブートを実行します。
待合せ時間 テキストボックス 処理モードが「ジョブ待合せ後リブート」の場合にアイコンの待合せ時間(秒)を指定します。
指定時間経過後にはジョブの強制停止とリブートを行います。また、待合せ時間に「0」を指定すると無制限にジョブの完了を待ち合わせます。
数字4桁(0~9999)が入力可能です。
強制実行 チェックボックス ホストが無効の場合でも処理を実行します。
ホストが無効で、このオプションが無効の場合は、エラーが発生します。