ファイル待合せアイコン

ファイル待合せアイコンは対象ファイルが生成(作成)されるまで処理を待合せます。また、ファイルの存在チェック(待ち合わせなし)を行うことも可能です。
ファイル待合せアイコン設定ではホストと対象ファイル情報、および処理モードを登録します。

ファイル待合せアイコンの設定

  1. 選択したファイル待合せアイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
  2. ファイル待合せアイコンの設定ダイアログが表示されます。
  3. Job Arranger for Zabbix ファイル待合せアイコン
  4. 各項目について入力します。
項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として「識別子(FWAIT-)+連番」のIDが自動採番されます。
重複登録不可です。
半角32文字まで入力可能です。
ジョブ名 テキストボックス ジョブの名称を指定します。
ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。
全角21文字、半角64文字まで入力可能です。
省略可能です。
ホスト リストボックス
テキストボックス
対象ファイルが存在するホスト(サーバ)を指定します。「ホスト名」と「変数」の同時指定は行えません。
「ホスト名」ではZabbixに登録済みのホストを選択します。
「変数名」ではホスト名が格納されたジョブコントローラ変数を指定します。
ASCII文字のみ使用可能です。半角128文字まで入力可能です。
ファイル名 テキストボックス チェック対象となるファイル名を指定します。
ファイル名はフルパスで指定する必要があります。
なお、対象ファイルにシンボリックリンクを指定すると実行時にエラーとなります。
全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。半角1024文字まで入力可能です。
処理モード ラジオボタン 対象ファイルに対する処理モードを指定します。
処理モードが「ファイル待合せ」の場合、対象ファイルが生成(作成)されるまで処理を待合せます。なお、すでにファイルが存在する場合は待ち合わせを行いません。
処理モードが「ファイル存在チェック」の場合、対象ファイルが存在するか否かの結果をジョブコントローラ変数「JOB_EXIT_CD」に格納します。
【チェック結果】
ファイルなし:0、ファイルあり:1
ファイル削除 チェックボックス 対象ファイルの削除を指定します。
チェックされている場合、ファイル待合せ完了、およびファイル存在チェック後にファイルを削除します。
待合せ時間 テキストボックス 処理モードが「ファイル待合せ」の場合にアイコンの待合せ時間(秒)を指定します。
指定時間経過後にはアイコンがエラー停止します。また、待合せ時間に「0」を指定すると無制限にファイルの生成を待ち合わせます。
数字4桁(0~9999)が入力可能です。
強制実行 チェックボックス ホストが無効の場合でも処理を実行します。
ホストが無効で、このオプションが無効の場合は、エラーが発生します。