並行処理アイコン

並行処理アイコンは、処理を並行で実行する際に指定する、並行処理の分岐点を定義します。
並行処理では、必ず開始点と終了点を並行処理アイコンで囲む必要があります。
囲まない場合、正常に動作しません。

並行処理アイコンの使用例

並行処理アイコンは開始アイコンと終了アイコンをセットで使用します。
並行処理アイコン間では1本以上の通常フロー(処理線)を追加することが可能です。
並行処理アイコン

並行処理アイコンの設定

  1. 選択した並行処理アイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
  2. 並行処理アイコンの設定ダイアログが表示されます。
  3. 並行処理アイコン
    並行処理アイコン
  4. 各項目について入力します。
項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として識別子+連番」のIDが自動採番されます。なお、開始アイコンは固定の識別子が付与され、変更不可となります。
【識別子】
並行処理開始アイコン:MTS-
並行処理終了アイコン:MTE-
重複登録不可です。
半角32文字まで入力可能です。
ジョブ名 テキストボックス ジョブの名称を指定します。
ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。
全角21文字、半角64文字まで入力可能です。
省略可能です。