Zabbix連携アイコン

Zabbix連携アイコンは指定されたホストグループ、ホスト、アイテム、トリガーの有効化と無効化、およびステータスの取得を行います。また、指定アイテムの最新データの取得を行います。

Zabbix連携アイコンの使用例

Zabbix連携アイコンとリブートアイコンを組み合わせることで、ホスト情報の無効化、リブート、ホスト情報の有効化といった一連の動作を自動化でき、サーバーリブート中の動的な監視抑止が可能となります。 Zabbix連携アイコンの使用例

Zabbix連携アイコンの設定

  1. 選択したZabbix連携アイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
  2. Zabbix連携アイコンの設定ダイアログが表示されます。
  3. Job Arranger for Zabbix 連携アイコン
  4. 各項目について入力します。
項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス ジョブを識別するIDを半角英数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)で指定します。
アイコン配置直後は初期値として「識別子(ZBX-)+連番」のIDが自動採番されます。
重複登録不可です。
半角32文字まで入力可能です。
ジョブ名 テキストボックス ジョブの名称を指定します。
ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能です。
全角21文字、半角64文字まで入力可能です。
省略可能です。
連携対象 ラジオボタン 連携対象となるオブジェクトを指定します。
ホストグループ名 リストボックス 連携対象となるホストグループを選択します。
連携対象がホストグループの場合、リストの「全て」は使用できません。
ホスト名 リストボックス 連携対象となるホストを選択します。
アイテム名 リストボックス 連携対象となるアイテムを選択します。
ホスト名で選択したホストに登録されたアイテムが指定可能です。
トリガー名 リストボックス 連携対象となるトリガーを選択します。
ホスト名で選択したホストに登録されたトリガーが指定可能です。
連携動作 ラジオボタン 連携対象に対する連携動作を指定します。
「有効化」は指定された連携対象のステータスを「有効」に変更します。
「無効化」は指定された連携対象のステータスを「無効」に変更します。

「状態取得」は指定された連携対象の現在のステータスを取得します。
なお、連携対象が「ホストグループ」の場合は利用できません。
取得した状態はジョブコントローラ変数(ZBX_LAST_STATUS)に格納されます。

「最新データ取得」は指定されたアイテムの最新データを取得します。また、連携対象が「アイテム」のみ利用可能です。
取得した最新データはジョブコントローラ変数(ZBX_LATEST_DATA)に格納されます。また、アイテムデータの属性をジョブコントローラ変数(ZBX_DATA_TYPE)に格納します。

ジョブコントローラ変数については「ジョブコントローラ変数一覧」をご参照ください。